わたし+もの(整理収納)その2

前回の続き

もう一つは、“モンテソッリー教育”との出会いでした。

モンテソッリー教育では、子どもの発達に合わせた「環境を整える」ことの大切さが説かれています。

子どもが育つ環境を整えることができるのは親だけです。

そして、こどもが初めて世界と出逢う環境は、「家」という空間です。

その住む家を整えること、それが親が子供に与えて上げる事のできるかけがえのない財産だと思って

(それまでの私は整理収納とは程遠い人間でしたので・・・)

「整理収納」の勉強を始めることにしました。

日々の生活を送りながら少しずつ少しずつ整理収納を実践し、1年が過ぎた頃。

ようやく暮らしやすい心地のよい我が家になってきました。

 

すると、「本当に自分がしたいことや大切なこと」も自ずとわかるようになってきました。

そして今、過去の自分が想像もしていなかった「整理収納」を伝える仕事をしています。

 

ひとつひとつの“もの”と出会う皆さんにも

こんな体験や経験が必ず待っています